交通事故に大きく関係してくるのは過失割合だって本当ですか?

veadmin | 2015年5月29日 | COMMENTS:No Comments »

事故に遭遇してしまった時ってお互いどちらに責任があるのか感情的になって、話が進まないこともあります。
その交通事故の話し合いの中で最も大事なポイントになるものが過失割合と呼ばれるものなのですが、これにより大きく変わってきます。
過失割合とは、事故に関係している者の間でそれぞれの落ち度の度合いの事を言うのですが、これが大事な部分だと言われているのです。
交通事故の示談金や賠償金請求はこの過失割合により大きく異なってくるため、この点がしっかりしていなければ話が進みません。


交通事故の過失割合に納得がいかない

どう考えても過失は相手側にあるのに自分の方が多くされてしまっている、ということもあるようですがその時は講義をしましょう。
確かに誰が見ても自分の方に交通事故の過失があるのでしたらしっかり認める必要がありますが、そうではない場合は弁護士に依頼をしてみて。
自分の意見はなかなか聞き入れてもらえないけれど、間に弁護士が入ることによって話が変わることも考えられます。
過失割合の決め方は、その時の状況により大きく変わってくることになっているため、必ず警察が立ち会う必要があります。


冷静に話し合う心を持つ

よく感情的になって話し合いをしてしまう人がいますが、これは最も良くないと言われています。
感情的になってしまいますと話が進みませんし、余計な問題ばかり起きてしまいますので間に必ず弁護士を挟むようにしましょう。
弁護士費用を気にしている人もいるかと思いますが、費用につきましてはきちんと相談することが出来ますので、まずは相談をしてみるだけしてみてはいかがでしょうか?

Category: 弁護士に頼ろう

Comments are closed.