交通事故で自分の未来に大きな変化を来す

veadmin | 2015年7月24日 | COMMENTS:No Comments »

交通事故が起きてしまった場合。そのときもし自分が被害者だった場合には、自分の体のケアが第一になります。事故によって損なった能力はどんな程度か。
以前のような生活を送るのは難しいのか。弁護士は慰謝料の相談などには乗ってくれるものの、自分の生活のケアまでは行ってくれません。そのあたりは自分で考えるべき問題です。
自分はどの程度以前から変わってしまったのか、それは実際に動いてみないと理解できない問題です。
交通事故にあう前によくしていたこと。
同じ行動をしてみて、その結果がどう変わってしまったのか。以前と比べてどんな変化があるのか。それを見てみましょう。
この結果が以前の自分と違ったとしても、過度にショックを受けすぎないことも大切です。


交通事故で迎える未来

交通事故にあってしまってダメージを負うのは、自身の身体だけではありません。
精神的なショックを負ってしまう人もいるでしょう。これにより事故前に迎えるはずだった未来から大きく逸れてしまうことになるかもしれません。
まっすぐ伸びていたあなたの人生。それが右か左かに大きく曲がってしまうことになってしまったかも。
ですがその曲がった先にこそ真の幸福が待っていないとは誰も言えません。
前なら手に入らなかった未来がこの先に待っていることもあるはずです。ここで迎える未来こそ、あなたの真に進むべき道かもしれません。
たしかに以前のような生き方をしていれば、それなりに楽しみを拾い歩くことはできたでしょう。しかしそれでは大きな変化がのぞめなかったはず。運命に大きな変化をもたらすためには、交通事故くらいの大きなショックが必要なのです。


以前と変わってしまった自分

しかし自分の運命に大きな変化を来すくらいの大きなショック。自分自身が大きく変わってしまうことは避けることができません。
しかしそれを受け入れるのです。後遺症が残ったのならそれを受け入れる。以前と好みが、性格が変わってしまってもそれを肯定する。これこそが一番重要なことです。

Category: 弁護士に頼ろう

Comments are closed.