交通事故で自分の未来に大きな変化を来す

veadmin | 2015年7月24日 | COMMENTS:No Comments »

交通事故が起きてしまった場合。そのときもし自分が被害者だった場合には、自分の体のケアが第一になります。事故によって損なった能力はどんな程度か。
以前のような生活を送るのは難しいのか。弁護士は慰謝料の相談などには乗ってくれるものの、自分の生活のケアまでは行ってくれません。そのあたりは自分で考えるべき問題です。
自分はどの程度以前から変わってしまったのか、それは実際に動いてみないと理解できない問題です。
交通事故にあう前によくしていたこと。
同じ行動をしてみて、その結果がどう変わってしまったのか。以前と比べてどんな変化があるのか。それを見てみましょう。
この結果が以前の自分と違ったとしても、過度にショックを受けすぎないことも大切です。


交通事故で迎える未来

交通事故にあってしまってダメージを負うのは、自身の身体だけではありません。
精神的なショックを負ってしまう人もいるでしょう。これにより事故前に迎えるはずだった未来から大きく逸れてしまうことになるかもしれません。
まっすぐ伸びていたあなたの人生。それが右か左かに大きく曲がってしまうことになってしまったかも。
ですがその曲がった先にこそ真の幸福が待っていないとは誰も言えません。
前なら手に入らなかった未来がこの先に待っていることもあるはずです。ここで迎える未来こそ、あなたの真に進むべき道かもしれません。
たしかに以前のような生き方をしていれば、それなりに楽しみを拾い歩くことはできたでしょう。しかしそれでは大きな変化がのぞめなかったはず。運命に大きな変化をもたらすためには、交通事故くらいの大きなショックが必要なのです。


以前と変わってしまった自分

しかし自分の運命に大きな変化を来すくらいの大きなショック。自分自身が大きく変わってしまうことは避けることができません。
しかしそれを受け入れるのです。後遺症が残ったのならそれを受け入れる。以前と好みが、性格が変わってしまってもそれを肯定する。これこそが一番重要なことです。

Category: 弁護士に頼ろう

交通事故後のリハビリの存在

veadmin | 2015年5月29日 | COMMENTS:No Comments »

交通事故で多くの人が負ってしまう後遺症。
その後遺症を少しでも軽くするために行うのがリハビリです。
理学療法、生活療法。それぞれしっかり行えば、交通事故に合う前の体に近づけることができます。
弁護士を交えた加害者の保険会社とのやりとり、過失割合の話し合いなども、このリハビリの成果で体と頭をすっきりとさせておかないとしっかり行えないでしょう。
このリハビリをどれだけ真剣に行うかであなたの今後の人生が変わってきます。
交通事故の後のあなたの行動がどれだけ適切だったかが重要なのです。
事故にあってしまった事実。
これはどうしようもないことです。
過去をいくら悔いても仕方ありません。あなたはその失敗を糧に、もう二度と同じ過ちは起こさないということしかできません。
ですが勝負はこれからです。


交通事故にあった体をできるだけ元に戻す理学療法

理学療法士の言葉の元、しっかりと体の、筋肉の働きを元に戻すのが理学療法です。
時には筋肉トレーニングのようなことをして、以前と同じ、むしろそれ以上の体を手に入れましょう。
身体が以前のように動かないもどかしさがあるでしょうが、焦ってはいけません。
じっくり、治していきましょう。


生活能力を取り戻す、生活療法

脳機能が低下してしまった人が行うのがこの生活療法です。
脳に障害を負ってしまったならその状態を元に戻す必要があります。
それが無理だったとしても、できるだけ生活に支障を来さないレベルにまで持っていくことが必要になります。
療法士の判断でそれを行いましょう。

Category: 弁護士に頼ろう

交通事故も悪くないなと考えてみる

veadmin | | COMMENTS:No Comments »

交通事故は確かにあなたに大きな不利益を及ぼしてしまいます。
単純に車と接触してしまう事故はとても痛いです。
あなたが誰かを轢いてしまったとしても、あなたは他人の人生に大きな影響を与えてしまいます。
命を奪ってしまうのも大事件ですが、後遺症を残してしまうのも大きな事件です。
あなたは他人の人生に影響を及ぼしてしまうのです。
加害者になってしまうのも、被害者になってしまうのもいけません。
特に被害者になってしまうのは、身体的にも精神的にも、いけません。
ですがいつまでも落ち込んでいてはいけません。
自己にあったことを前向きにとらえましょう。


交通事故で家族が一つになった

家族が事故にあってしまうと、その家族を見舞いに家族が集結します。
そして意志が一つになる。
これは他のことなら意外と難しいもの。
以外としょっちゅう集まらない家族が一つの目的のもと集まるのは尊いです。
そしてその後も一緒に付き添ってくれるでしょう。
皮肉な話ですが、交通事故によって家族が一つになるのです。


家族が裁判を傍聴しに来てくれる

もしかすると、あなたの交通事故は裁判沙汰にまでなってしまうかもしれません。
その弁護士を巻き込んだ裁判。それにたくさん家族が傍聴しに来てくれたらうれしいですよね。
一説には裁判長の印象も良くなるなんて話も。

Category: 弁護士に頼ろう

交通事故に関する情報を集めていざという時の為に備えよう!

veadmin | | COMMENTS:No Comments »

普段の生活の中で事故と遭遇する確率は極めて高いわけではありませんが、いつそうなってしまうのかわかりませんよね。
一生縁がないと思っていても交通事故に遭う日が来てしまうかもしれませんので、事前に知識を身につけておくと良いかもしれません。
交通事故に関する質問サイトが多々ありますし、実際に事故を起こされてしまった人もいればその被害者だという人もいて、ブログを立ち上げている人もいますから、非常に参考になるのではないでしょうか?


交通事故は警察だけに任せない

事故に巻き込まれたり起こしてしまった時警察が間に入ってきて状況証拠を揃えたりしますよね。
しかし、警察はあくまで当事者たちの話を平等に聞いて判断しますので、過失割合を決めることが難しいとされています。
そこで頼もしい存在となるのが弁護士ですから、交通事故に関する事は弁護士に任せて話を進めていくようにしましょう。
弁護士の方がとても詳しい事を知っていますので、金銭面の事はおいおい考えるとして先に頼んでしまった方が良いかもしれません。


体験談を呼んで頭に入れておく

実際に体験している人のサイトを見ていただくとわかると思いますが、こういう事をしなかったから失敗してしまったという人もいます。
交通事故が起きてしまった時にこんなことをするといいですよ、というアドバイスを掲載している人もいますので参考になります。
また、実際に弁護士へ依頼して費用がこのくらいかかったということも書いてあることがあるので、一度時間があるときに調べてみて下さいね。

Category: 弁護士に頼ろう

交通事故に大きく関係してくるのは過失割合だって本当ですか?

veadmin | | COMMENTS:No Comments »

事故に遭遇してしまった時ってお互いどちらに責任があるのか感情的になって、話が進まないこともあります。
その交通事故の話し合いの中で最も大事なポイントになるものが過失割合と呼ばれるものなのですが、これにより大きく変わってきます。
過失割合とは、事故に関係している者の間でそれぞれの落ち度の度合いの事を言うのですが、これが大事な部分だと言われているのです。
交通事故の示談金や賠償金請求はこの過失割合により大きく異なってくるため、この点がしっかりしていなければ話が進みません。


交通事故の過失割合に納得がいかない

どう考えても過失は相手側にあるのに自分の方が多くされてしまっている、ということもあるようですがその時は講義をしましょう。
確かに誰が見ても自分の方に交通事故の過失があるのでしたらしっかり認める必要がありますが、そうではない場合は弁護士に依頼をしてみて。
自分の意見はなかなか聞き入れてもらえないけれど、間に弁護士が入ることによって話が変わることも考えられます。
過失割合の決め方は、その時の状況により大きく変わってくることになっているため、必ず警察が立ち会う必要があります。


冷静に話し合う心を持つ

よく感情的になって話し合いをしてしまう人がいますが、これは最も良くないと言われています。
感情的になってしまいますと話が進みませんし、余計な問題ばかり起きてしまいますので間に必ず弁護士を挟むようにしましょう。
弁護士費用を気にしている人もいるかと思いますが、費用につきましてはきちんと相談することが出来ますので、まずは相談をしてみるだけしてみてはいかがでしょうか?

Category: 弁護士に頼ろう